テクノロジー

FlutterとFirebaseでアプリを作ってみるLTをしました

consomme
2018.9.10
シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート

みなさんはじめまして。初めてじゃない方はお久しぶりです。 ピクシブでAndroidエンジニアをやっております @consomme です。

先日行われました Flutter Meetup Tokyo #4 にて、Firebaseを使って簡単なFlutterアプリを作るLTをしてきました。

Flutter はGoogleが開発したクロスプラットフォーム(iOS/Android)のフレームワークで、Material DesignのUIパーツが豊富に揃っているのが特徴です。
また、Google謹製のサービスということで、FirebaseをはじめとしたGoogleの各種サービスのプラグインも一通り揃っているため、高機能なアプリをサクッと作ってしまうことができます。

今回のLTではFirebaseを活用して、簡単なTumblrやInstagramのような画像投稿アプリを実際に作って見る流れで、どういった点に注意すべきか、設定のコツや実装方法について簡単に紹介させていただきました。
Flutterはドキュメントやサンプルがとても充実しており、アプリの開発やったことないよ!という人もとっつきやすいと思います。

ピクシブのプロダクトではまだFlutterの導入予定はないのですが、社内用のアプリとして導入を始めており、今後はプロトタイプの作成などに活かしていければと考えております。

Flutterやりたい!とか一緒にアプリを作りたい!という方はこちらからぜひ応募してください!お待ちしております!

シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート