テクノロジー

君だけのpixivを開発(つく)れ! 技術職志望学生向け2daysインターンシップ

kamiko kamiko
2019.1.9
シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート

こんにちは!ピクシブで採用担当をしているkamikoです。

先日12/15~12/16の2日間、技術職志望学生向け2daysインターンシップを開催しました! 本日はインターン開催の様子をご紹介します。

インターンのテーマ

今回のインターンシップは、毎年開催している技術職向け春・夏インターンとは異なり、『君だけのpixivを開発(つく)れ』というテーマを掲げ、pixivのAPIを利用して2日間で成果物を開発し、その順位を競うハッカソン形式で行いました。

今回は6名の学生にインターンに参加して頂き、弊社の第一線で活躍するエンジニアとタッグを組み、参加者それぞれの考える最高のpixivを開発してもらう内容です。

成果物の評価基準として

  • 成果物の完成度(どのくらい実際に使える、本物のプロダクトに近い形か)
  • 届けたい人(pixivの閲覧者)を想定して、使いやすいものになっているか

上記2点を設けており、それを踏まえて開発を進めてもらいました。

メンターとタッグを組みながら、要件を決めるところから開発を行い、実際に現場のエンジニアから、自分が書いたコードのレビューを受ける事が出来るため、その過程を通して技術的成長や、ユーザー目線に立った開発を学んでもらう事が狙いです。

インターンの様子

初日は、インターンテーマと「最強のpixiv」の評価項目、スケジュールを共有したあと、メンターと参加学生の自己紹介を行いました。 それが終われば、早速作業開始です。メンターと学生の2人1チームでアイデアを出し合います。
今回新しい試みとしてピクシブインターンパーカーを作成し、全員で着用!一体感をもって課題に取り組みます。

今回は2日間という限られた時間で開発を行い、最終日のスライド作成とデモまで行うため、インターン中は全員が集中して作業にあたっているのが印象的でした。

そんな中でも、他チームの成果物に対して、感想を言い合ったり、その出来に歓声が上がったりと、終始和気あいあいとした雰囲気でした。

最終発表

最終発表では、CTOに向けて1チーム10分間でスライドの発表と、成果物のデモを行いました。「自分の考える最強のpixiv」について、それぞれの解釈や、ユーザーだからこそ気づく鋭い着眼点で、全く違う個性を持った成果物を見ることでき、とても興味深い発表となりました。

今まであまり触れてこなかった言語にチャレンジした学生もいましたが、メンターとの二人三脚で、最終的には全チームがデモも含めて素晴らしいアウトプットを出してくれました。

全チームの発表終了後、CTOが頭を悩ませながら、今回の優勝チームについて審査を行います。

優勝チーム表彰

非常に全員の成果物が優れており、全チーム非常に僅差での評価だったため、「優勝チーム」だけではなく、急遽「特別賞チーム」も用意して、表彰を行いました。

優勝チームは「好きなイラストを無限に見ることが出来る」事をコンセプトとしたWebアプリケーションを作成してくれました。出来の良さは勿論ですが、ユーザーが使いやすいよう、UI/UXのデザインも非常にこだわっていた点が非常に好印象でした。

次に、特別賞は「身近な人と、負担なくイラストでコミュニケーションを取る」事をコンセプトに、自分のお気に入りしたイラストについて公開する範囲を限定できる「ひみつモード」機能を作ってくれました。ユーザーだからこその鋭い視点で、社員からも感心する声が多く聞かれました。

社員や参加学生同士の交流

2日間という限られた時間だったので、全員で交流する時間は多くなかったものの、お昼ご飯を一緒に取ったり、参加学生のお誕生日を全員でお祝いしたりと、コミュニケーションを積極的に取るよう、心がけました。

またインターン最終日には社内懇親会を開催しました。 学生とメンターみんなで、プログラミング言語カルタで大盛り上がりし、楽しい時間を過ごしました。

新しい取り組みとしては、ピクシブインターン専用のSlackアカウントをつくり、インターン終了後も学生と社員がコミュニケーションを取れるようにしました。 これから開催予定のインターンでも、こちらのSlackアカウントを利用し、歴代の参加学生同士で情報交換や交流を図って貰いたいと思います。

インターンを終えて

今回参加してくれた学生から頂いた、インターン終了後の感想を一部抜粋し、掲載いたします。時間は長くなかったものの、皆さん「成長できた」「学ぶことができた」という実感を得てくれたようです。

学生1:

自分が理解できていなかった、綺麗で良い設計な書き方(プログラム)を学べました。また、サービス開発のためのノウハウ(仮説に説得力を持たせる方法など)も学ぶことができました。 また、他の参加者がデザイン(プロダクト・プレゼン)にも普段から力を入れている様子を見て、いいプロダクトやその良さを伝えるために、エンジニアでもデザインも勉強した方が良いと改めて気づくことができました。

学生2:

技術的には今までなんとなく使っているライブラリの仕組みなどを教えていただいたり、今まで使用していなかったDIを使用したりといった点が勉強になりました。 また、期間が短く設計や実装する内容について今までになくスピーディに考えたので成長できたのではないかと感じています。

学生3:

今まで自分が雰囲気で使っていたVue.jsの詳細な仕様などをメンターの方々から聞けてとても参考になりました。

皆様、2日間本当にお疲れ様でした!

参加学生のブログ

今回の冬インターンに参加して頂いた学生のブログを掲載します。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今年の2/27~3/8(機械学習コースのみ2/20~3/8)の期間で技術職向け春インターンの募集を開始しております。 今回の記事をご覧頂き、興味を持っていただいた学生の皆様、是非エントリーをお待ちしております。

また、ピクシブでは通年で新卒採用を行っております。 興味ある方はぜひご覧ください! 20新卒採用募集要項

中途採用やWantedlyでの募集も随時行っています。

中途採用募集要項 / Wantedly

皆様のご応募、心よりお待ちしております! それでは、皆様さようなら!

シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート