カルチャー

社員もレッツ創作活動!社内イベント「クリエイティブフライデー」を紹介します

tsubo tsubo
2018.5.25
シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート

こんにちは。ピクシブでカスタマーサポート(CS)をしているtsuboです。

「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」というテーマで働いている私たちですが、まずは自分たちが創作活動を楽しまなくては!という想いから、毎月月末の金曜日に「クリエイティブフライデー」というイベントを開催しています。今回はその様子を紹介していきたいと思います!

クリエイティブフライデーとは

参加条件は「創作活動をする」という一点のみです。
お絵かきでも小説の執筆でも、手芸でも木彫りでも、なんでも構いません。各自が作りたいものを持ち寄り、1箇所に集まって創作活動に打ち込みます。
飛び込み参加もOKなので、たまたま社内を歩いていた社員が参加することもよくあります。
好きなものを好きなだけつくり、疲れたら帰る、そんなゆるい会なのです。

特別なクリエイティブフライデー

4月は普段のゆるい会とは趣を変え、バニーコルアートさんをお呼びして、ワークショップを開催しました!
バニーコルアートさんは、アクリル絵の具「リキテックス」をはじめ、世界の様々な画材の製造や輸入販売をしています。
プライベートで知り合う機会があり、毎月クリエイティブフライデーを開催しているという話をしたら、今回なんと画材を貸し出してくださいました!

ワークショップの内容は、真っ白な「まねきねこ」の貯金箱を用意し、画材を使って思い思いの色・柄に塗っていくというもの。

この「まねきねこ」ですが、実は上げている手によって意味が違うのをご存知ですか?
右手はお金を招きたい、左手は人を招きたい、両手はどちらも招きたい、そんな意味が込められているそうです。
事前に参加者を募って、何を招きたいかによって各自選んでもらいました。

まず絵の具の説明から。
今回お借りしたのは「リキテックス ソフトタイプ」。絵の具に慣れていない私たち初心者にも使いやすいアクリル絵の具です。

バニーコルアートさんから、絵の具の特徴や使い方を詳しく聞きます。
好きな色や筆を用意したら、早速スタートです!

鉛筆で下書きを書いてから色を塗り始める人、思い切って一発で色をつけていく人…
理想のまねきねこにするため、みんな思い思いに塗っていきます。

さっきまでワイワイ賑やかだったのが、一気に静かになりました。集中力がすごい。。

弊社取締役のushioさんも張り切ってペイントしています。

あっという間の2時間が終わり、まねきねこも続々と完成!

中には、貯金箱のお金を入れる部分を口に見立てて、ネコではなくカエルにした社員も!

完成したまねきねこ達はこちら!
同じ素体のはずなのに、こんなにも違います。面白いですね。

ちなみに5月の最終金曜日に当たる本日もクリエイティブフライデーを開催予定です!
会社の倉庫に眠っていた粘土や羊毛フェルトを活用して、好きなものをつくる予定です。

一緒に創作活動を盛り上げてくれる人を募集中

ピクシブでは創作活動がより楽しくなるようなサービスを開発しています。自分自身がものづくりが好きだったり、人の活動を応援することに興味がある方はお気軽にWantedlyからメッセージください。一緒に盛り上げていきましょう!!

募集要項 / Wantedly

シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート