テクノロジー

Rails Developers Meetup 2019で2名登壇しました

tawachan tawachan
2019.3.28
シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート

こんにちは、福岡に戻って来てほっと一息ついているtawachanです。

2019年3月22日(金)〜3月23日(土)に開催されましたRails Developers Meetup 2019(以下Rails DM)にて、ピクシブから2名登壇しましたので、今回の記事ではその紹介をしたいと思います。

イベントについて

Rails DMは、3トラック並行で全69セッションにも及ぶRuby on Railsのカンファレンスです。Railsの作者であるDHHのKEYNOTEから始まり、とても盛り上がりのある2日間でした。

発表内容について

ピクシブから発表した内容を簡単に紹介します。

少人数でサービスをすばやく開発するためのRails活用事例 by tawachan

私tawachanの発表ですが、ピクシブでのプロダクト開発の知見をベースにした事例の紹介でした。

当日は、福岡の話もさせていただきましたが多くの方に聞いていただけて嬉しかったです。登壇内容から福岡Iターンの話まで、興味がある方がいればご連絡ください!すぐにお答えいたします!

発表資料

発表動画

Webアプリケーションの開発運用で当たり前に必要とされる画像変換の中身 by usa

「生半可な覚悟で画像変換エンジンは作れない」というお話でした。

弊社が開発しております画像変換SaaSのImageFluxの開発をやってみたいという方を募集しておりますので、こちらもご一報頂けると嬉しいです!

発表資料

発表動画

最後に

幅広いテーマのトークが聞ける、とても充実した2日間を過ごすことができました。美味しいお弁当やコーヒーが会場内で用意されていて、懇親会も豪華で、とにかく最高なカンファレンスでした。

開催してくださったスタッフの皆様、ありがとうございました!

おまけ

福岡やImageFluxに興味のある方はぜひこちらもチェックしてみてください!

シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート