キャリア

「pixivの認知を広げ、さらに成長させていきたい」17新卒・アソシエイトプロダクトマネージャーにインタビュー!

nai nai
2019.5.30
シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート

人事・新卒採用担当のnaiです。 学生さんとお話をしていると、ピクシブの社員が実際どんな業務をしているのか?という質問をいただくことが多くあります。前回の出版社営業に続き、今回はアソシエイトプロダクトマネージャーの仕事をご紹介!仕事の内容ややりがいについてインタビューしました!

本日はよろしくお願いします。まずは自己紹介からお願いします。

2017年の4月に新卒で入社したmu-koです。入社から現在までずっと、pixiv運営本部でアソシエイトプロダクトマネージャーをしています。趣味は健康になることで、食事・睡眠・運動をどうやったら改善できるかよく考えています。最近はヨーグルトを毎日食べています。

pixiv運営本部とはどのような部署でしょうか?

文字通り、「pixiv」の開発・運営を行っている部署です。その中で「Web」「アプリ」「レコメンド」「小説」「コミュニティ」の5つのチームに分かれていて、僕はWebチームに所属しています。ユーザーにより便利に、楽しくサービスを使ってもらうための機能を開発するチームですね。

pixivという1サービスの中でも、細かくチームが分かれているんですね!では、アソシエイトプロダクトマネージャーというのはどのようなお仕事でしょうか?

pixivユーザーに向けた新機能開発や既存機能の改善を行っています。作業としては、機能の仕様を考えたり、実装した後の結果を分析したりすることが多いですね。

ユーザーに向けた機能とは、たとえばどのようなものでしょうか?

去年は英語圏ユーザーに向けて、pixivの日本語タグを翻訳して提供する機能をリリースしました。ユーザーから日本語タグに対する英訳の提案を集めてpixiv上に反映していく仕組みを考えたり、関わる法律を調べて調整を行ったりしました。

現在pixivでは、未翻訳の単語や文章をなくしていくという翻訳プロジェクトが進んでいて、その一環として実装した機能です。ユーザーに英語でアンケートを取り、どういう機能にしたら使いやすいか、という声を集めました。

ユーザーの声を聞きながら、新しい機能を考えていくんですね。

そうですね、ユーザーにフォーカスをあてることは常に意識しています。どのユーザーがどのような課題を持っているのか、どうすればそれが解消されるのかを考えています。アンケートなどで調査をすることもあります。

課題と言うのは、サービス運営上の課題ですか?

はい。ユーザーからお問い合わせをいただいて課題に気付くこともありますし、自分で考えたり、エンジニアと話していて生まれたりすることもあります。課題が明確になったら解決策を考えて、仮説を立てて、目標を決めて、実装後にその結果を分析します。



Webチームに所属しているというお話でしたが、チームメンバーは何名いるのでしょうか?

ビジネス職は僕1人だけです。他にデザイナーが2名、エンジニアが9名います。

ビジネス職が1人!ということは、先程仰っていたお仕事はすべてお1人でやられているんですか?

いえ、課題や目標はデザイナーと考えることが多いです。課題設定から一緒にやることで、目指す場所をみんなで決めることができて、チームの中で方向性がぶれることなく進められています。

職種ごとの分業ではなく、チーム一丸となって取り組んでいるんですね!職種が異なるメンバーとのコミュニケーションで、心がけていることはありますか?

まずは感謝を伝えることだと思います。あとは、自分の考えが絶対正しいとは思わないこと。「でも」と反論するのではなく、いろんな人の意見を素直に聞くように気を付けています。実際、自分にない視点で意見をいただくことが多いのでありがたいです。

17新卒ということは、入社して3年目ですよね。チームを任されたのはいつ頃からだったのでしょうか?

今のチームを任されたのは、ちょうど入社1年後くらいだったと思います。期間限定で単発のプロジェクトが発生することがあるんですが、その管理は1年目からやっていましたね。かなり裁量大きくやらせてもらっています。

1日の仕事のスケジュールを教えてください。

日によりますが、たとえばこんな感じです。

  • 10:00 朝会(その日行うタスクを毎朝チームで確認)
  • 11:00 デザイナーと機能の仕様を考える
  • 13:00 ランチ
  • 14:00 前週にリリースした機能のデータ分析
  • 16:00 エンジニアが開発した機能の動作確認
  • 17:00 エンジニアやデザイナー用のタスクの用意や整理
  • 18:30 夕会(その日の進捗を毎夕チームで確認)

pixiv運営本部の他のチームのプロダクトマネージャーとのミーティングも定例でやっています。単発のプロジェクトや採用関係のミーティングなど、他部署の人と関わる機会もたくさんあります。

仕事のやりがいはどんなところですか?

リリースした機能について、ユーザーからポジティブなコメントや感謝をいただいたときはとても嬉しいです。

他には、日本から海外へ大きな影響を与えられているところでしょうか。海外ユーザーも増えてきていますし、貴重な経験ができていると思います。

逆に、どんなところに難しさを感じますか?

自分で考えた仮説が正しくなくて、リリースした機能が思ったように使われないときは辛いですね…。ただそういった場合でも、チームで仮説検証を繰り返しながら進めていくので、最終的には目標を達成できていることが多いです。

上手くいかないことがあった時、チームで乗り越えられるのは良いですね!ご自身が成長したな、と思うのはどんな時でしょうか?

今まで自分ができなかったことができるようになった時です。特に強く感じたのは、BigQueryでSQLを用いてデータ分析ができるようになった時でした。

BigQueryというのはデータ分析のツールで、学生の頃に使っていた別のツールよりも詳細なデータが正確に取れるんですね。これは革新的だ!と思いました。ただ、使うにはSQLという専門知識が必要なんです。入社してから勉強を始めて、業務に必要なレベルまで身につけることができたのは、3,4か月後くらいでしょうか。新しいツールを使えるようになったことで仕事の効率も上がりましたし、成長を実感しました。

今後はどんなチャレンジをしていきたいですか?

日本以外のユーザーにももっとpixivを知ってもらえるような開発を、これから行っていく予定です。きっと来年には、pixivを認知・訪問する海外のユーザー数が大きく増加していると思います。そのために、pixivに表示されている日本語の翻訳を今よりもっと進めていって、海外の検索エンジンからもユーザーが流入できるようにしたいです。

伺っていると、サービスの成長への思い入れの強さが伝わってきます。もともとサービス開発のお仕事に興味があったんですか?

そうですね。就職活動では、自社でWebサービスを開発・運営している企業を中心に見ていました。

子どもの頃からPCやWebが好きで、どんどん新しいサービスが生まれて成長する様子にわくわくしていたんです。多種多様な人々がWebサービスや会社を作るのを見て、これはビジネスチャンスだなと。次第に、自分でもWebサービスを作り出して、世の中に提供したいと思うようになりました。

で、学生時代はITベンチャーでインターンをしてみたり、自分でもWebサービスを作ってみたりして。それが楽しかったので、仕事でも似たような経験を積みたいなと考えていました。

自社でWebサービスを運営している企業はたくさんありますが、ピクシブに入社を決めたのは何故ですか?

ピクシブは、サービスは知っていたけど会社についてはあまり詳しくありませんでした。就職系のメディアで偶然見かけたのがきっかけで、自分がやりたいことができそうだと感じ、そこから興味を持ちました。

決め手になったのは、1週間の選考インターンですね。ピクシブの社員と働くのがとても楽しかったし、成長できそうなイメージが湧きました。自分で様々なことを体験することが好きなので、会社の雰囲気を実際に味わえたことは大きかったです。

選考インターンで会社の雰囲気や人の良さに魅力を感じた、という声は多いですね!最後に、学生へのメッセージをお願いします。

ピクシブには、人の意見を尊重して一緒に考えられる人や、新しい技術や情報に興味を持って挑戦し続ける人が集まっています。僕はこういう人たちが好きで、一緒に働くのもとても楽しいです。

でも、社員の性格がどうとか、自分がそこに馴染めるかっていうのは、実際に中に入ってみないと分からないんですよね。なので、もし志望している業界や企業があるなら、ぜひバイトやインターンとして参加してみるために行動してみてください!もちろん、ピクシブでもお待ちしています!

ありがとうございました!

ピクシブでは通年で新卒採用を行っております。 興味のある方はぜひ下記をご覧ください。皆様のご応募、心よりお待ちしております!

21新卒募集要項:エンジニア職 / ビジネス職 中途採用募集要項 / Wantedly

最新の情報は下記公式Twitterで随時発信しております。ぜひフォローしてくださいね!

公式Twitter: @pixiv_corp

シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート