キャリア

「自主的に判断して動ける環境があれば、社員は必ず成長する」~ ピクシブ・コーポレート部執行役員が入社した理由 ~

marusan marusan
2017.12.12
シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート

こんにちは!ブランディング・広報をしていますmatsuriです。 今回の記事では、執行役員で人事マネージャーをしているmarusanにピクシブに入社したきっかけやキャリアビジョンなどを聞いてみたいと思います!

本日はよろしくお願いします。まず、仕事内容について教えてください!

よろしくお願いします。コーポレート部の執行役員のmarusanです。人事・広報・総務・経理など、バックオフィス全般の統括をしています。

仕事内容は人事業務がメインで、採用、評価、体制や研修など、会社全体がどうしたら良くなるか、社員みんながもっと働きやすくなるにはどうすればいいのかを考えています。

ありがとうございます。marusanは、ピクシブには中途入社されたんでしたよね!

そうですね。入社したのは2013年2月です。ピクシブは2度目の転職で、3つめの会社になります。前職から人事の仕事に携わるようになりました。

仕事をするなら人の成長に携わりたい、と思った

人事という職種に興味をもつきっかけなどあれば教えてください。

僕は小学校からボーイスカウトに入ってまして、大学生のときはボーイスカウトの隊長をやっていたんです。 毎週末に小学生のこどもたちと一緒に野外活動を行い、ロープの結び方を教えたり、キャンプとかハイキングなどをしていました。

その時に、教え方がうまいとすぐ覚えて子どもたちが成長してくれるのですが、教え方がいまいちだとあんまり成長してくれないんだなって気づきまして。それで、教育ってとても難しいけど、その分やりがいがあるなって思ったんです。

その経験から「仕事するなら人の成長に携わるところがいい、働くなら人事部に行きたい」と思うようになりました。

それで、人事の世界にきたのですね!

はい。でも、私が新卒の就活をするときは就職氷河期で、人事を募集している企業がなくてですね。営業をやっていたんです。

営業をしていたのですか!?

あまりにも人事の採用がなかったので、これはもう企業に入社してから人事部に関わっていく方がいいと思ったんです。それで、色々と勉強になる業界で、面白い仕事をしようと。
当時は、いろんな業界の人と携われるリース業界に興味を持って、いわゆる大企業に就職することにしました。

その企業では営業から人事に異動できたのですか?

それが、できなかったんです。 一応、異動希望の制度が毎年ありまして、1年目にして「人事部に行きたい」と書いたら、さすがに上司から注意されまして(笑)

それで2〜3年経って良い成績も残していたので、そろそろいいだろうと思い、再び異動希望を出したんです。

そしたら当時の営業の取締役の部長から「今さら営業から外せないよ。なにか不満があるのか?営業に骨をうずめるつもりで頑張れ」と言われてしまって。

営業は、成績も出していたし嫌いでもない。だけど、自分の人生を考えた時にこれでいいのかなって思ったんですよね。それが1度目の転職のきっかけです。

歴史もある大きな会社だったので、自分がこの会社でどういう人生を歩んでいくのかのキャリアステップがある程度見えてきた時に、「もし60歳になって退職した時に、20代に人事をしておけば良かったなって思うかもしれない。そう思うくらいなら、もっとチャレンジをしていきたい!」と思ったんです。

それから、人事への道を歩んだのですね。

その時が確か26歳でしたね。転職を決めた時に、全く人事の経験のない自分がこの年齢で人事やりたいって言ってやらせてもらえるのか?と思い、色々調べてみたんです。

それで人事労務の国家資格である「社会保険労務士」の資格を見つけて、これを持てば人事へのやる気が伝わるかもしれないと考えて勉強を始めました。

当時合格率7%の資格だったものですから、仕事と両立するのは大変でしたね。

合格率7%!仕事も続けながら資格の勉強をしていたのですね。

通勤電車の中とか、営業の合間とか、時間を見つけてはやってましたね。昼休み中とかは漫喫に通って勉強したりもしました。

それでも最初の試験は落ちてしまって、その次の年のチャレンジで晴れて合格しました。それからすぐ、転職活動を始めました。

人事の世界へ

どういった企業を中心にみていたのですか?

人事というのは、大きい企業では採用担当とか労務担当とかの区分けがあるものなんですが、私は全部を担当したかったんです。それが叶うのはベンチャーしかないと思い、ベンチャー企業を中心に探しました。

では前職ではベンチャー企業にいたのですね。

はい、私の入社当時は50人くらいの規模でしたね。でもかなり成長している企業で、毎年新卒と中途合わせて100人くらい採用していて、やめる時には社員数が400人になっていました。

人事部も入社時は私の他に1人いるだけだったのが、辞めるときは10人にまで増えました。

すごい!入社してからどのくらい在籍していたのですか?

6年半在籍していました。もう2年目には、部下のマネジメントが主業務になっていました。

そんな中、ピクシブにくることになったきっかけはなんだったのでしょうか?

私自身、マネジメントよりは現場と関わり合いながら、自分で作っていく方が楽しいと感じたんです。 前職では、私の在籍期間に上場をしたりと、会社の成長に直接貢献できるような経験をできたのですが、その仕事にやりがいを感じまして。

それで、小さな会社を大きくするような仕事をしたいな、と思い、転職活動を始めることにしました。

それはいつ頃でしょうか?

転職活動を始めたのは、2012年ですね。 私はもともとピクシブのユーザーではないのですが、転職活動を始める前から、前職の仕事の関係でピクシブについて知っていまして。色々とIT企業を中心に探している中で、ふとピクシブのことを思い出したんです。 それでネットの記事を見てみると、勢いの感じられる記事が多く、興味を持ち始めたんです。ちょうど社員が30人くらいという記事をみて、規模感もいいなと思っていました。

そんなとき、スカウト会社から「ピクシブから人事の募集がきてますよ」って偶然紹介されまして、これは受けてみよう!となったのがきっかけです。

すごい!偶然のタイミングですね。

本当に。早速面接を受けに行ったんですが、その時に当時の役員たちが101キーワードについて1つ1つ聞いてくれた上に、役員たちの話もとても面白くて「ああ、この人たちと一緒に仕事をしたいな」って思ったんです。

※101キーワードは、面接に来る方をよく知る目的で、ピクシブの面接で導入している仕組み。面接のすべての方に自分を表す101個のキーワードを書いてもらっています。

前職は、業務をロジカルに緻密に、検討を重ねて進めるタイプだったのですが、ピクシブでは真逆で、「それおもしろいじゃん」という一言で始めることもあり、良い意味でショックだったのですよね。本当に面白い会社だなと。

他にも数社内定はいただいていたのですが、将来性をとても感じる会社だし、自分のこれまでの経験も活かせそうだということもあり、入社を決めました。

みんなが成長するために、自主的に判断して動ける環境をつくる

ピクシブに入社してからどうでしたか?

入社してすぐやろうと思ったのは、制度面を整えることでした。 なにせ若い社員ばかりなので、育休の制度や評価制度もなかったんですよね。

評価制度は、社員と揉みながらあれこれ練って作り、今でも使っているものです。採用面に関しては、全役員に求める人物像をヒアリングをして体系化していきました。

その時に感じたのは、ピクシブは基本的に人の良心で動いているんだなと。 制度を作る時も、制度でがっちりするのではなく、ある程度は社員に委ねられるようにしたい、人の良さを残したいという制度設計の意思を組みながら作りました。

ピクシブのみんなが成長するために、自主的に判断して動ける環境を重視する。 それが、僕の考えるピクシブらしさかなと思います。

今後ピクシブでどんなことをしたいですか?

社員と足並みを揃えて、一緒に採用をしていける環境をもっと作っていきたいと考えています。

どんな人材がほしいかを考えて決めるのは、一般的には人事の役目なんですが、これはもう古いんじゃないかと思っているんです。人事部主導ではなく現場主導でほしい人材をとる、これが一番良いのではと。

もちろん人事部が採用に携わらないということではありません。 人事部以外の社員と「一緒に」やっていくということが大事だと思います。社員も「僕たちが採用する!」という気持ちになることが大事なんだ、と。

だから、いまは人事部だけで採用を行うのではなく、普段サービス開発をしている社員も入れて採用チームをつくっています。 実際に配属になる部署の社員と一緒に「採用したい人に向けて、入社してもらうためにどうすればいいか?」を考えています。配属部署の社員自身が採用をするようになると、成長の仕組みとしても良いんですよね。会社の強み・弱みを深く考えるようになります。やっぱり、ピクシブでは全社員が花形であるべきだと思っているんです。

今後も、こうやって社員が考えるやりたいことを体系化・制度化していき、全社員がより生き生きしている会社として、もっとピクシブを成長させていきたいです。

ありがとうございました!

シェア
ツイート
ブックマーク
トゥート